自己手配でのWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)旅行記 <航空券編>

WDW

自己手配でのWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)旅行記一覧はこちらから

 

自己手配で行ったWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)

自分で手配しなければいけないことがたくさんある中で、今回は飛行機の検討/選択と航空券の入手について。

 

日本からオーランド国際空港への直行便はない

とにかく知っておかないといけない基本情報はこれだけ。

必ず、どこかしらで乗り継ぎが必要です。

 

一般的にはアメリカで国内線に乗り換えですね。

 

乗り換えとなる経由地は、どの航空会社を選ぶかによって変わってくるのが大きいです。

その航空会社がハブとして得意な空港が違うので。

 

言うまでもなく、合計搭乗時間が短めになる、あまり移動距離をロスしない形になる都市経由での乗り継ぎが良いでしょう。

かなりの金額的なメリットがあったり、飛行機大好き人間でより長時間飛行機に乗っていたいという特異な場合を除いて・・・

 

とはいえ、フロリダはアメリカの南東部に位置するので、基本的には日本からだとアメリカ国内のどこを経由地にしても、たいした距離や時間差は無いでしょうね。

 

そんなわけで、私の場合は経由地は特に決めずに、まずは航空会社を決めることに。

 

航空会社はANA。全日空

 

今回は値段などをそれほど検討せずに乗る航空会社をまずは決めました。

 

理由というか流れは以下の通り。

・普段の出張は値段の関係でたいていアメリカ系の航空会社を強制選択。つまりDELTAかUnited

・プライベートの海外旅行はお値段重視でDELTA派

・プライベートの国内旅行はANAのみ

・今回はクオリティや安心重視で日系の航空会社にしたかった

・となると、マイレージの関係でANA

 

 

UnitedやDELTAも値段とのバランスを考えるとまぁ悪くない選択なのですが、今回はANA一択にしました。

 

ANAにしておけば、ハズレはそうそう無いので、

旅行初心者や飛行機に不安がある人はとりあえずANAにすべきですね。

 

航空券購入はANAの公式サイトから

さて、航空券は各種旅行代理店のWEBや楽天トラベルのような旅行サイトなど様々なところでオンライン購入できます。

 

今回、ANAの公式サイトから購入しました。

 

理由は、と言うと・・・特にないです(汗)

 

今思えば、もっと色々と調べても良かったかと思いますが、でもまぁANAのサイトからでも十分お安く買えました。

 

 

ANAのサイトで成田→オーランドを検索すると、いくつか候補が出てきました。

 

その中で、シカゴ経由を選択。

 

 

行き

NH012   成田 (11:00) – シカゴ (07:35)

NH7462 シカゴ (09:15) – オーランド (12:58)

帰り

NH7727 オーランド (11:19) – シカゴ (13:08)

NH1011 シカゴ (16:20) – 成田 (20:35)

※時間は2014年12月ダイヤ

 

 

シカゴ – オーランドはANAと同じStar Allianceに所属するUnited航空による運航便です。

いわゆるコードシェア便ですね。

 

この形を選ぶのにちょっと躊躇したのは、シカゴでの乗り継ぎ時間。

 

行きの乗り換えについては、1時間40分あるので十分かと思いますが、アメリカは入国審査がどれくらいかかるか読めないのがつらいところ。

 

実際、今までの経験で1時間近くかかったこともありますし。

 

さらにシカゴ空港は広いらしく、ターミナルの移動も時間かかりそう。

飛行機の到着時間が遅れたらそれこそギリギリ。

 

 

そんな不安も多少ありましたが、一本遅らせると時間がもったいないのでこれで決定。

 

これなら昼過ぎにオーランドに着いて、それから荷物受け取ってバス乗ったり、ちょうど15時くらいにホテルにチェックイン出来て、それからパークに遊びに行ける!

という素晴らしいプランなのでした。

実際これで大正解でした。

 

帰りについては、今後書こうと思ってますが、オーランド出発の時間を、マジカルエクスプレスの迎え時間や、空港にディズニーやユニバーサルのショップがあって時間を十分潰せるということを考えて、お昼のちょっと前にしました。

あまり朝早過ぎると、お土産屋は空いていないので要注意です。

また、シカゴでの乗り継ぎ時間を3時間ほど取りました。行きは国際線から国内線の乗り継ぎなので、もし乗り継ぎをミスっても数時間待てば次の国内線に乗れると思います。

しかし、帰りの国内線から国際線の乗り継ぎは、もし乗り遅れたら一日待たないといけないことになるので、なるべく余裕を持った方がいいと思います。

シカゴ空港は大きいですし、色々と見てまわれるので時間が多少あっても楽しめると思います。

 

気になるお値段は?

 

今回購入したチケットはスーパーエコ割

 

値段は一人あたり15万円弱でした。

 

ANA選択の割には、結構お安く済んだのでは?

あ、言うまでもなくもちろんエコノミーです。

一度でいいからANAさんのビジネスクラスに乗ってみたい・・・

 

 

ただし、かなり厳しめの制約というか考慮すべき注意点があります。

 

スーパーエコ割の注意点

・予約購入期限は出発50日前まで

・予約変更は不可

・払い戻しも不可

 

 

変更や払い戻し不可というのは、かなり厳しいですね。

変更やキャンセルする可能性がそこそこある方には向いてません。

 

覚悟が必要です。

詳しい情報はANAのサイトへ。よく注意して読みましょう。

エコノミークラス 運賃種類のご紹介 | ご予約/旅の計画 | 国際線航空券予約・空席照会 | ANA
【ANA公式サイト】エコノミークラス 運賃種類のご紹介。旅の計画・準備はANAのホームページで。国際線航空券の予約・購入はこちらから。

 

 

コードシェアに気をつけろ!

 

最後に、航空券を買う際にひとつ注意です。

 

ANAのサイトで航空券を調べると、アメリカ国内線だけコードシェアというパターンだけでなく、

日本からの路線もコードシェアでUnited航空になるパターン、全区間United航空のチケットも出てきます。

これは要注意です。

 

なぜなら、ANAのサービスを一切受けれず、ANAの値段で航空券を買うのに、実際に乗るのは全区間United航空となるからです。

 

だったら最初からUnited航空のチケットを買った方が安いです。

 

きちんと運航会社の部分を見て、コードシェアかどうか確認しましょう。

 

また、コードシェアの場合、事前の座席指定が出来ない場合があります。

 

今回、シカゴ – オーランドのコードシェアの便は、ANAのサイトからだと「通路側」「窓側」のような大雑把な指定しかできませんでした。

 

United航空側からANAのコードシェア便を予約した時は、それすら指定できなかったりすることもあるので、コードシェアには座席指定問題があります。

 

自己手配でのWDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)旅行記一覧はこちらから



コメント

タイトルとURLをコピーしました